ヒリヒリしない洗顔石鹸でニキビを効果的に治す方法

大人ニキビを3倍悪化させる絶対に使ってはいけない7つの成分

大人ニキビを3倍悪化させる絶対に使ってはいけない7つの成分

 

大人ニキビを3倍悪化させる絶対に使ってはいけない7つの成分

 

 

大人ニキビを3倍に悪化させてしまう
石鹸の成分というのがあります。

 

ニキビを悪化させやすい成分が配合される石鹸を使い続けると
大人ニキビはドンドン悪化していくんです。

 

 

 

確かに、20代のころは肌のバリア機能が高いので
多少肌に悪い洗顔石鹸を使っても
ニキビはできないかもしれません。

 

しかし、30代に近づいてくると肌のバリア機能が
徐々に低下していくため大人ニキビがポツポツでき始めていきます。

 

 

 

「最近大人ニキビができはじめてきたなぁ」

 

 

 

そう思い始めたなら、これまで肌に負担をかける成分が配合された
洗顔石鹸を使い続けてきたためバリア機能が徐々に
壊れ始めているのかもしれませんね。

 

 

「洗顔石鹸は顔の汚れを取るためだから安物で大丈夫」

 

 

少しでもそう思ったなら今すぐに考えを改めてください。

 

 

 

 

なぜなら、年齢を重ねるごとに
あなたの肌のバリア機能がどんどん低下しているからです。

 

 

 

 

その結果、大人ニキビが
できやすい肌になっていきます。

 

 

大人ニキビを3倍悪化させる絶対に使ってはいけない7つの成分

 

 

なので、肌に負担をかける成分が入っているなら
その石鹸は避けたほうが良いでしょう。

 

 

「そうはいっても、どんな石鹸が良いのかわからない」

 

 

そう思う人もいるかもしれません。

 

 

 

「最近、ニキビが増えてきたなぁ」

 

 

 

そう思う人は今使っている洗顔石鹸の成分表示に
以下の成分が入っていないかをチェックしてみてください。

 

 

肌に負担をかける恐れのある成分

 

アルコール(エタノール)

 

防腐剤・酸化防止剤

 

グリセリン

 

グリコール酸

 

人工香料・着色料

 

界面活性剤(乳化剤)

 

ミネラルオイル

 

以上の7つの成分は30代からは使わないほうが良い成分になります。

 

 

「アルコール(エタノール)」は殺菌力が強いですが
肌表面の常在菌のバランスを崩す成分です。

 

しかも、肌に強い刺激を与えるため
肌に負担をかける成分だといえます。

 

 

大人ニキビを3倍悪化させる絶対に使ってはいけない7つの成分

 

 

特に「グリコール酸」はニキビケア製品に多く有効成分として
配合されている成分ですが劇物指定になっています。

 

なので、配合量が3.6%以下の洗顔石鹸を選ぶほうが無難でしょう。

 

 

 

「グリコール酸」はピーリング作用があるとして利用される成分です。

 

肌を痛める危険があるので
ピーリング成分が配合している石鹸は
避けたほうが良いでしょうね。

 

 

 

 

30代を過ぎたら価格重視から
質重視の石鹸を選んだほうが良いでしょう。

 

理由は、安すぎる洗顔石鹸は肌を痛める危険があるからです。

 

 

 

 

その結果、大人ニキビを悪化させる恐れがあるので
多少お金を出しても質の高い洗顔石鹸を選ぶべきでしょう。

 

肌に優しい成分が配合されている洗顔石鹸を選ぶなら
ノンエーという洗顔石鹸を使ってみるのも良いですね。

 

 

ノンエーの詳細はこちらをクリック

 

 

 

 

関連ページ

ニキビを3倍悪化させる洗顔石鹸とは?
脂性肌の人がノンエーを使うと肌に悪影響が出るのかといえばそんなことはありません。理由は、ノンエー石鹸というのは、しっかりとした泡立ちなのできめ細かな泡で毛穴の奥の汚れをスッキリ落とすからです。
皮脂だけがニキビの原因ではない!【脂性肌の正しい保湿ケア】
あなたは、顔のテカリが気になっていませんか?肌が乾燥しやすい冬でも脂性肌に悩んでいたりニキビとかの肌トラブルにも悩んでいたりしませんか?そんな方々に向けてニキビや脂性肌のケアの方法を徹底解説をしていきます。
ニキビを治すなら洗顔方法だけ変えても無駄!【正しいケア方法】
ニキビはノンエーで治そうとしてはいけません。なぜなら、ノンエーはニキビを治すための過程でありメインで治すために使っても意味がないからです。
大人ニキビは思春期ニキビと逆のケアが大切な理由
大人ニキビの主な原因は肌の乾燥にあります。しかも、大人ニキビは頬や口元など皮脂が少ない乾燥しやすい部分にできやすいんです。実は、大人ニキビは思春期ニキビとは逆のケアが正解です。
大人ニキビが劇的に治る洗顔石鹸3つの条件とは?
26歳を過ぎると女性の肌は乾燥しやすくなり洗顔後に肌がつっぱってなくても化粧水や美容液などで保湿ケアをしたほうが良いですね。
泡洗顔における間違った知識【悪い影響しか与えない】
泡立ちの良い洗顔石鹸は泡で毛穴の汚れをスッキリと落としているわけではありません。しかし、最近の洗顔石鹸は泡立ちの良さをウリ文句としていかにも泡立ちの良い石鹸が肌に優しいみたいに宣伝されています。しかし、「泡立ちが良い=良い洗顔石鹸」というそんなイメージを与えられますがそれは、確かにイメージに過ぎません。

トップページ サイトマップ ノンエーの口コミ ノンエーの成分 ノンエーの効果