ヒリヒリしない洗顔石鹸でニキビを効果的に治す方法

いるじゅらさを使っても効果が出ない2つの理由

いるじゅらさを使っても効果が出ない2つの理由

 

いるじゅらさを使っても効果が出ない2つの理由

 

 

スキンケアを頑張っているのに全く肌の調子がよくないとか
毛穴の奥まで汚れが落ちるという洗顔石鹸を使っているのに
全く毛穴の奥まで汚れが落ちている気がしないということはないですか?

 

ひょっとしたら、それは洗顔石鹸のせいではありません。

 

 

「そんな馬鹿なことあるわけないじゃない」

 

 

 

少しでもそう思ったなら
じゃあ、あなたは洗顔の方法は正しいのでしょうか?

 

口コミで評価の高い洗顔石鹸を使っても
効果が悪化するという場合は2種類の理由があります。

 

@洗顔方法が間違っている

 

Aあなたの肌にあっていない

 

そもそも、洗顔方法が間違っている場合は
どんなに優れた洗顔石鹸でも効果は出ません。

 

 

 

 

どんなにスキンケアを頑張っていても
汚れを落としたいあまりにゴシゴシと強く
こするように洗顔をしていては正しい洗顔とはいえません。

 

しかも、熱いお湯でバシャバシャと洗顔をしているなら
かなり最悪な洗顔方法と言えます。

 

 

 

 

 

さらに、顔の皮脂がきになって一日に
何度も洗顔をしているなら洗顔方法を
絶対に見直すべきといえます。

 

理由は、以上のような洗顔方法をしていると
余計に皮脂が過激に分泌されてニキビが悪化する可能性があるからです。

 

 

肌トラブルが起きにくい正しい洗顔方法とは?

 

いるじゅらさを使っても効果が出ない2つの理由

 

洗顔は一日2回まで

 

よく泡立てた洗顔石鹸を使う

 

泡で汚れを包み込むように優しくなじませる

 

ぬるま湯で十分すすいで洗顔石鹸を落としきる

 

 

汗をかいたときなどは脂っぽくなり気になるかもしれません。

 

なので、ついつい洗顔料を使い
洗顔をしたく鳴るでしょう。

 

 

ですが、1日3回も洗っている場合はそれは洗いすぎです。

 

 

 

 

なぜなら、必要以上に洗顔をすると
肌の水分は蒸発していき必要な皮脂まで
洗い落としてしまうからです。

 

しかも、外部からの刺激を防ぐための肌のバリア機能が
低下していきやすくなるからです。

 

 

いるじゅらさを使っても効果が出ない2つの理由

 

 

その結果、ニキビや
他の肌トラブルを引き起こすのです。

 

なので、洗顔は「朝と晩」の2回で十分というわけです。

 

 

 

 

朝は軽めに洗顔をして夜は肌の新陳代謝が行われるので
根にリに洗うことがポイントとなります。

 

メイクをした日の夜はクレジングもしっかりと行うと良いですね。

 

 

 

さらに、洗顔石鹸は毛穴の奥までしっかりと汚れを落とす
「いるじゅらさ」を使うとより一層肌トラブルを起こしにくくします。

 

一度使ってみることをオススメします。

 

 

沖縄産のくちゃを贅沢に配合した洗顔石鹸【いるじゅらさ】

 

 

 

 

関連ページ

いるじゅらさの効果は本当なのか検証
「いるじゅらさ」という沖縄の泥を成分とした洗顔石鹸ですが本当に肌がワントーン明るくなるのかですが人によっては分かりにくいくらいのようです。
いるじゅらさを使っても効果がない人の特徴
いるじゅらさを使っても効果が出ないという人はいますが、どうしているジュラさを使って効果が出ないのかを解説していきます。
いるじゅらさでニキビは治せるか検証
一般的に「汗をかくとニキビになる」とか「アクネ菌のせいでニキビになる」などいわれていますが実は、それらは半分は間違っています。
いるじゅらさを使い絶対にしてはいけない3つの洗顔方法
「いるじゅらさ」を使い絶対にしてはいけない3つの洗顔方法をしてしまうと肌が荒れます。最悪、「いるじゅらさ」の効果を発揮できずに「この商品は詐欺だったなぁ」と思うようになります。
洗顔石鹸で毛穴ケアの効果が期待できる理由
洗顔石鹸で毛穴ケアの効果が期待できます。なぜなら、洗顔石鹸の基本は「顔の汚れを落とす」が目的だからです。例えば、洗顔石鹸で清潔に洗顔をしているのにニキビが治らないのは洗顔石鹸が原因かもしれません。
オイリー肌の改善は洗顔一つで激変する!
オイリー肌とは「脂性肌」とも呼ばれています。オイリー肌の肌トラブルというのは皮脂腺が活発すぎて皮脂が多くなり顔などがテカテカした状態になります。