ヒリヒリしない洗顔石鹸でニキビを効果的に治す方法

大人ニキビが冬に悪化する理由【角質層の水分量が10%以下】

大人ニキビが冬に悪化する理由【角質層の水分量が10%以下】

 

大人ニキビが冬に悪化する理由【角質層の水分量が10%以下】

 

 

大人ニキビは夏に悪化すると考えている人は
多いようですが、実は大人ニキビは冬に悪化します。

 

なぜ、大人ニキビが冬に悪化するのかを
原因を追究するとともに理由を解説していきます。

 

 

 

 

大人ニキビの発生原因は角質層の水分が
蒸発していき失われていくことで
肌のバリア機能が低下していくことにあります。

 

しかも、角質層には角質細胞やセラミドなどという
細胞間脂質が含まれていて外部的な刺激に対し肌を守っています。

 

 

大人ニキビが冬に悪化する理由【角質層の水分量が10%以下】

 

 

ですが、冬の乾燥によって肌の表面が潤っているように見えても
角質層の内部が乾燥して肌のバリア機能が低下してしまう
「インナードライ」という状態になります。

 

この状態では、角質が柔軟性を失い「異常角化」がおこりやすくなります。

 

 

 

 

その結果、ニキビの原因となる角栓が
発生しやすくなるのです。

 

 

だからこそ、「異常角化」が起こらないようにするために
肌のターンオーバー周期を正常にしていく必要があるといえます。

 

 

 

冬の乾燥しやすい肌のケア方法は保湿ケアが重要

 

大人ニキビが冬に悪化する理由【角質層の水分量が10%以下】

 

 

肌バリア機能の低下によるニキビ発生を予防するには
角質層の水分量を維持するか足りない分の保湿を与えるしかないでしょう。

 

ただ、角質層には「15〜20%」の水分が含まれているのが普通です。

 

 

 

 

なので、角質層の水分量が10%以下になると
肌のバリア機能は低下し始め乾燥肌になるんです。

 

ですから、冬の間は洗顔にも気を使うほうが良いでしょう。

 

 

大人ニキビが冬に悪化する理由【角質層の水分量が10%以下】

 

 

例えば、保湿効果のない洗顔石鹸を使っているなら
乾燥しやすい肌になるので保湿効果のある洗顔石鹸に買い替えます。

 

その結果、保湿効果の高い洗顔石鹸を使うことで
肌の保湿が保持されやすくなるんです。

 

 

 

 

なので、肌に保湿が保持されれば
ニキビができにくい肌になっていくというわけですね。

 

いるじゅらさという洗顔石鹸は
保湿効果の高い成分がたっぷりと入っているので
効果は期待できるといえます。

 

 

さらに、毛穴の奥の汚れもしっかりと落とせるので
余計にニキビができにくい肌になっていくんです。

 

 

肌にニキビができて気になっているという人は
いるじゅらさを試すのも悪くないですね。

 

 

いるじゅらさの詳細はこちらをクリック

 

 

 

関連ページ

いるじゅらさの成分は効果が本当にあるのか検証
「いるじゅらさ」は、沖縄の方言で「美肌美人」のことです。「いるじゅらさ」はミネラル豊富な泥やそのほかの美容成分によって肌本来の美しさに導かせる石鹸です。

トップページ サイトマップ ノンエーの口コミ ノンエーの成分 ノンエーの効果