ヒリヒリしない洗顔石鹸でニキビを効果的に治す方法

ノンエーは本当に安心して使うことができるのか検証

ノンエーは本当に安心して使うことができるのか検証

 

ノンエーは本当に安心して使うことができるのか検証

 

 

ニキビに効果があるという洗顔石鹸には
防腐剤である「バラベン」という成分が入っていることがあります。

 

バラベンとは化粧品や医薬品などに
防腐剤として使用されることがあります。

 

 

 

 

抗菌性がとても高く広い範囲の微生物に対し
効果が期待できるので利用されている理由でもあるんです。

 

しかも、バラベンは毒性が低く皮膚の刺激性が
最も少ないというのが特徴ですね。

 

 

 

 

でも、なぜかバラベンという防腐剤が危険だという認識が
多くの人に浸透しているようです。

 

その理由は、バラベンが原因で皮膚障害を起こすという人が
たまにいるからだと考えられます。

 

 

ノンエーは本当に安心して使うことができるのか検証

 

 

さらに、バラベンという防腐剤が入っている商品は
大変危険だという間違った認識が生まれたのでしょう。

 

でも、化粧品のバラベンにはシビアに反応しても
歯磨き粉に入っているバラベンには気が付かずに
使用しているというケースも意外にも多いのです。

 

 

 

 

しかも、1000人の人がバッチテストでバラベンに
どれくらいの人が反応するかといえば「約2人」と言われています。

 

なので、バラベンが
危険なものとは限らないんです。

 

 

 

ノンエーには、実はバラベンは入っていません。

 

ですが、防腐剤のない製品は洗顔石鹸のように
肌に使うものならとても危険なんです。

 

 

ノンエーは本当に安心して使うことができるのか検証

 

 

理由は、抗菌作用のある防腐剤があるからこそ
雑菌が石鹸に近づかないのであって
防腐剤がなければ雑菌だらけになるからです。

 

さらに、腐るのも早くなるので
効果も早く低下していくんです。

 

 

 

 

ですが、ノンエーには「ブチレングリコール」という
防腐剤が含まれていました。

 

でも、「ブチレングリコール」は肌に悪影響を与えないので
特に問題なくノンエーを利用することができます。

 

 

 

 

ノンエーには他にも肌に優しい成分が入っていて
ニキビを改善させやすい成分がたっぷりと入っているんです。

 

ニキビを治しやすくするノンエーの成分は
こちらで詳しく解説をしているのでご確認ください。

 

↓↓        ↓↓

 

洗顔石鹸ノンエーの効果を倍増させる成分とは?

 

 

関連ページ

洗顔石鹸ノンエーの効果を倍増させる成分とは?
洗顔石鹸ノンエーの効果を倍増させる主成分は肌のターンオーバー周期を正常にする効果があり大人ニキビの原因をシャットダウンさせます。
洗顔石鹸ノンエーでアレルギーが出る理由
洗顔石鹸で洗顔をしていたら「肌が赤くはれた」などそのような口コミを見かけることがあります。どうして、ノンエーを使ってアレルギーの症状が出るのかを少し理由を解説していきますね。
ノンエーを使うなら乾燥肌の人は注意すべき3つの事
ノンエーは乾燥肌の人も使うことができる洗顔石鹸です。しかし、使い方を間違えると乾燥肌が悪化してほかの肌トラブルを引き起こす原因になります。
ノンエーに入っている「ブチレングリコール」の危険性
ノンエーに入っている「ブチレングリコール」は防腐剤ですが、この成分の危険性について検証していきます。「ブチレングリコール」の特徴といえば肌に低刺激であり保湿と抗菌作用があるということです。
ノンエーに入っているヒアルロン酸は安全なのか検証
ノンエーに入っているヒアルロン酸というのは元々、人の体内に存在している物質なんです。しかも、体内ではコラーゲンの組織を保持して肌組織の水分や潤滑性や柔軟性などを保持する役目を持っています。